日本オルガン研究会 年報「オルガン研究」

HOME > 年報「オルガン研究」

2010081214310000.jpg
年報「オルガン研究」は、
当研究会の活動の根幹をなすもので、
会員の皆様には入会年度分からお送りいたしております。
ご希望の方にはバックナンバーを頒布いたしております。
各号の内容一覧は下記を参照してください。
(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅶ巻は、復刻版となります。)

年報「オルガン研究」創刊のことば(初代会長松原茂氏)>>


第11巻(1983)  
扉写真日本基督教団 長野県町教会(長野市)のオルガン(辻オルガン)
松蔭女子学院大学のオルガン設置報告その1 完成までの研究手順とその成果について(平島達司)その2 オルガンの概要について(鈴木稚明)
霊南坂教会の音響特性(永田 穂)
多治見神言会修道院のオルガンに関する調査報告(須藤 宏)
例会報告オルガン旅行10年(辻紀子)ヴェルクマイスター著「オルガン検査」について(月岡正暁)
オルガンをたずねて国立音楽大学のオルガン(ベッケラート)(深井李々子)青山学院大学「ウェスレー・チャペル」のオルガン(マルクーセン)(廣野嗣雄)鮫町カトリック教会(八戸市)のオルガン(須藤オルガン)(成田恵子)聖グレゴリオの家のポジティフ・オルガン(草苅オルガン)(岩崎真実子)長野県町(あがたまち)教会のオルガン(辻オルガン)(宮本とも子)
会員通信ヨーロツパ夏期オルガン・アカデミー見聞録(平井靖子)“ドイツ・オルガン友の会”国際オルガン会議に参加して(船本 洋)
1983年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第12巻(1984)  
扉写真中新田町文化会館バッハホール(宮城県加美郡)のオルガン(須藤オルガン)
本間雅夫の2つのオルガン作品について(遺稿)(松原 茂)
松原茂氏をしのんで(月岡正暁,辻 宏)
特別講演要旨16~19世紀典礼に於けるイタリア・オルガン(ウンベルト・ピネスキ)今日のオルガン音楽(グザヴィエ・ダラス)
例会報告オルガンの笛はなぜ鳴るか?  -オルガンのフルー管の発音に関する研究の現状-(松村和仁)純正調律による演奏について(川西龍二)ティトゥルーズの“Hymnes de l'Eglise"について(ブレット・ライトン)Stylus Fantasticus に於ける Dispositio の意義-北ドイツ・オルガン楽派における修辞学的解釈の試み-(武久源造)
オルガンをたずねて洗足学園・前田ホールのオルガン(シューケ)(望月広幸)中新田バッハホールのオルガン(須藤オルガン)(廣野嗣雄)武蔵野市民文化会館のオルガン(マルクーセン)(月岡正暁)崇教真光世界総本山大拝殿のオルガン(大林/フロベニウス)(懸川みどり)岐阜県美術館のオルガン(辻オルガン)(深井李々子)ザビエル記念聖堂(山口カトリック教会)のオルガン(ボッシュ)(山崎陽子)
会員通信スぺイン・オルガン旅行 - Sol y Sombra -(辻 紀子)
1984年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第13巻(1985)  
扉写真国際基督教大学 宗教音楽センター(東京都三鷹市)のオルガン(草苅オルガン)
パッサカリアの秘密(ピート・ケー)
バッハ時代のペダリングについて(馬淵久夫)
福島市音楽堂の音響設計と音響特性(永田 穂)
「コンサートオルガン」に期待されるもの(大林徳吾郎)
特別講演要旨バッハ時代のオルガン(マルク・ガルニエ)バッハの鍵盤技法と現代オルガン(ウィリアム・ポーター)
例会報告A.シュリック著「オルガン建造家及びオルガニストのかがみ」の紹介(月岡正暁)オルガンのリード管はなぜ鳴るか(松村和仁)スペイン・オルガンの特徴(辻 宏)
オルガンをたずねて鳥居坂教会のオルガン(ガルニエ)(鈴木雅明)立正佼成会横浜教会普門館のオルガン(大林/フロベニウス)(大林徳吾郎)清里聖アンデレ教会のオルガン(辻オルガン)(高橋靖子)長原教会のオルガン(須藤オルガン)(清瀬雅子)福島市音楽堂のオルガン(マルクーセン)(小林英之)国際基督教大学の草苅オルガン(廣野嗣雄)
会員通信東ドイツを訪ねて(岩崎真実子)
1985年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第14巻(1986)  
扉写真日本基督教団 横須賀小川町教会(神奈川県横須賀市)のオルガン(須藤オルガン)
ハンス・ブーフナーの「フンダメントゥム」について(廣野嗣雄)
私の夢見るコンサートオルガン(月岡正暁)
例会報告アメリカに於ける現代のオルガン(辻 宏)カヴァイエ=コルはネオ・バロック症候群の特効薬となるか(大林徳吾郎)
オルガンをたずねて北陸学院中・高等学校のオルガン(クライス)(春日敏美)聖グレゴリオの家のオルガン(アーレント)(月岡正暁)横須賀・小川町教会のオルガン(須藤オルガン)(河野和雄)松江市総合文化セソター(プラバホール)のオルガン(ベッケラート)(小林英之)霊南坂教会のオルガン(ベッケラート)(今井奈緒子)仙台黒松教会のオルガン(辻オルガン)(石田牧子)
会員通信本郷中央会堂と G.E.L.Gauntlett(赤井 励)日本のクラシック音楽界の危機とオルガン音楽および自作自演について(酒井多賀志)静かに急げ(大島邦夫)ジモンのオルガンのことなど(久保田文人)
第4回 日本オルガン会議報告書第4回 日本オルガン会議へのよびかけ(月岡正暁)日程表と内容基調講演(月岡正暁)楽器紹介と講演「私のオルガン建造理念」(マルク・ガルニエ)ゼミナールⅠ「私の演奏解釈」(廣野嗣雄)Ⅱ「象徴としてのコラール」 -“言葉と音楽”の一断面として-(鈴木雅明)Ⅲ「クープランのトリルに関する一考察」(月岡正暁)Ⅳ「Stylus Fantasticus - 作品の解釈について(武久減造)シンポジウム 「わが国の演奏会活動の諸問題」)公開連続演奏会プログラム,参加者記念写真ほか
1986年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第15巻(1987)  
扉写真 (財) 筑波バッハの森文化財団 バッハの森記念奏楽堂(茨城県つくば市)のオルガン(草苅オルガン)
E.カヴァリエーリ「魂と肉体の劇」の数字付き低音(坂 由理)
トレント公会議以降のオルガン・ミサ -バンキエーリをめくるイタリアの理論と実際-(斉藤雅代)
楽器およびパイプの分類に関する一考(山野政登司)
特別講演要旨バロック時代のオルガニスト -その社会的地位-(今谷和徳)
例会報告“Neumeister - Sammlung”and“0rgelb>chlein”(比較研究)(横坂康彦)
オルガンをたずねて明治学院大学横浜校舎チャペルのオルガン(フレントロップ)(望月広幸)サントリーホールのオルガン(リーガー)(保田紀子)筑波バッハの森記念秦楽堂の草苅オルガン(月岡正暁)旧東京音楽学校奏楽堂のオルガン(アボット&スミス/マナ)(小林英之)カトリック北十一条教会(札幌)のオルガン(須藤オルガン)(岩崎真実子)
会員通信国際オルガニスト会議(清瀬雅子)
1987年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第16巻(1988)
扉写真西南学院 ランキン・チャペル(福岡市)のオルガン(辻オルガン)
コンサートホール・オルガンの設計とその活用(ロバート・アンプト)
オルガン論試論 -オルガンにおける未知なるもの-(渡邉俊之)
オルガンをたずねて西南学院ランキン・チャペルのオルガン(辻オルガン)(古澤嘉生)聖路加国際病院聖ルカ礼拝堂のオルガン(ガルニエ)(月岡正暁)清春芸術村ルオー礼拝堂のオルガン(草苅オルガン)(今井奈緒子)
会員通信ポジティフ・オルガン製作記(西村敏夫)
1988年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第17巻(1989)
扉写真桜美林学園(東京都町田市)のオルガン(マナ・オルゲルバウ)
バッハの装飾記号についての一考察 -オルガン作品の実例を中心として-(月岡正暁)
<装飾コラール>の歴史的展開(中新井紀子)
バッハの理想のオルガン再考(佐藤 望)
例会報告シンポジウム「日本のオルガンはこれでよいのか?」
オルガンをたずねて東京純心女子学園江角記念講堂のオルガン(カサヴァン)(酒井多賀志)東北学院大学教養学部のオルガン(ケルン)(松尾泰江)関東学院女子短期大学のオルガン(ヤン)(小林英之)桜美林学園のオルガン(マナ)(長門石幸子)
会員通信第15回イタリアオルガン音楽アカデミーに参加して(宇内千晴)
1989年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第18巻(1990)
扉写真稲垣牧師宅のオルガン(三橋利行)
明治オルガン史の諸相(赤井 励)
ロシア及びUSSRにおけるオルガン文化の歴史(ウラジーミル・シュリャプニコフ、パヴェル・クラフチン)
例会報告ポルタティーフについて -鍵盤奏法の前史におけるこの楽器の意義(武久源造)ヨハン・ゴットフリート・ミューテルのオルガン作品-出典・出版・解釈-(リューディガー・ヴィルヘルム)ルネサンス・オルガンの修復 -サラマンカ・スペイン(辻 宏)
オルガンをたずねて鎌倉教会のオルガン(草苅オルガン)(平井靖子)聖アンセルモ目黒教会のオルガン(ノアック)(田中由美子)修復された新潟カトリック教会のオルガン(アントン・ファイト/マナ)(横坂康彦)稲垣守臣氏宅のオルガン(三橋利行)(草苅徹夫)フェリスホールのテイラー&ブーディ・オルガンビルダーズのオルガン〜製作者ジョージ・テイラー氏からのメッセージ(宮本とも子)
会員通信スウェーリンクのオルガン曲 -そのほとんどが偽作?!(花井哲郎)ある書評:ダグラス・R・ホフスタッターの「ゲーデル,エッシャー,バッハ-あるいは不思議の環」(斉藤菊代)私の初めてのヨーロッパ旅行 -ヨーロッパのオルガンを見て回って-(水野均)ハーレム国際オルガンフェスティバル '90(長谷川美保)
1990年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第19巻(1991)
扉写真姫路市立姫路高等学校音楽ホール(兵庫県)のオルガン(パルナソスホール)-(須藤オルガン)
D.ブクステフーデと J.S.バッハの<装飾コラール>(中新井紀子)
オリヴィエ・メシアンの初期のオルガン作品(斎藤 恵)
書評・図書紹介George B. Sauffer: The Ogan Preludes of Johann Sebastian Bach(大澤里恵)Frederick Neumann: The French In1gales, Quantz, Bach(月岡正暁)
例会報告複数の調律法を持つ東京のオルガン(マルク・ガルニエ)モーツァルトとオルガン(高橋 昭)シンポジウム「続日本のオルガンはこれでよいのか」特別企画  ビルダー座談会
オルガンをたずねてカリフォルニア州立大学チコ・キャンパスのオルガン(横田宗隆)(横田宗隆)軽井沢・レストラン風雅の草苅オルガン(月岡正暁)新宿文化センターのオルガン(ケルン)(今井奈緒子)田尻隆二氏製作のポジティフ・オルガン(湯口依子)東京芸術劇場のポジティフ・オルガン(草苅オルガン)(月岡正暁)姫路高等学校音楽ホールのオルガン(須藤オルガン)(須藤 宏)府中の森芸術劇場ウィーン・ホールのオルガン(パーシェン)(酒井多賀志)山梨英和学院中高講堂のオルガン(プリューガー)(望月広幸)仙台青葉荘教会のオルガン(ヤン)(新藤典子)
会員通信国際ハープシコードフェスティバル(アトランタ)に参加して(武久源造)美術館にオルガンを! -日本のオルガンよもやま話(米澤陽子)
1991年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第20巻(1992)
扉写真 共愛学園(群馬県前橋市)のオルガン(マナ・オルゲルバウ)
明治オルガン史考(赤井 励)
「トーキョウ・テンペラメント」による東京芸術劇場のオルガン(マルク・ガルニエ)
カール・フィリップ・エマニュエル・バッハの美学 -その作品について(小糸 恵)
教会のための小型パイプオルガン(フリッツ・ノアック)
例会報告新宿文化センターのオルガンについて(ダニエル・ケルン)アメリカオルガン界に何が起こっているのか(林 佑子)オリヴィエ・メシアンのオルガン音楽 -聖なる三位一体の神秘への瞑想-(斉藤 恵)シンポジウム「日本のオルガンはこれでよいのか-Ⅲ」
書評・図書紹介フレデリック・ノイマン -異端か改革か?(武久源造)
オルガンをたずねて日本基督教団 阿佐ヶ谷教会のオルガン(ノアック)(佐藤 望)植田義子氏所有のライル・オルガン(岩崎真実子)春日部福音自由教会・丘の上記念会堂のポジティフオルガン(ガルニエ)(宇内千晴)共愛学園のオルガン(マナ)(木田みな子)東京女子大学のオルガン(ヘルプフェル)(中内 潔)伊藤氏所有のドゥベジュ・オルガン(エティエンヌ・ドゥベジュ)
会員通信スロヴァキアのオルガン事情(米澤陽子)
1992年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第21巻(1993)
扉写真東京サレジオ学園 ドン・ボスコ記念聖堂(東京都小平市)のオルガン(辻オルガン)
クラウディオ・メールロのオルガン・ミサにおける定旋律技法(斉藤雅代)
カナダと日本のオルガン文化の比較(月岡正暁)
書評・図書紹介E.コーイマン著「聖なる伝統-その神秘を打ち壊すエッセイ」(斉藤雅代)
オルガンをたずねて白根町桃源文化会館のオルガン(ベルナール・オーベルタン)水戸芸術館のオルガン(室住素子)(月岡正暁)東京サレジオ学園のオルガン(海野葉子)(月岡正暁)名古屋・松坂屋のオルガン(渡邉俊之)
会員通信第5回国際オルガニスト会議に参加して(熊田法子)スイスのオルガン建造家フライターク氏を訪ねて(河野正行)世界で一番古いオルガン?(大久保壮介)サンクト・ペテルブルグのオルガン散策(ウラジーミル・シュリヤプニコフ)(アルセニー・コトリャレフスキー)
活動記録(1973~1993)(77)
「オルガン研究」総目次(Ⅰ~ⅩⅩ)(93)
日本オルガン研究会会則
▲ ページトップへ
第22巻(1994)
扉写真県民ふれあい会館 サラマンカホール(岐阜県岐阜市)のオルガン(辻オルガン)
鍵盤楽器の発展の歴史にみられるアレンジメントの意義について(酒井多賀志)
書評・図書紹介ルートガ-・ローマン著「古いオルガン音楽におけるアーティキュレーションについて」 (月岡正暁)大崎滋生著「音楽演奏の社会史」(斉藤雅代)
オルガンをたずねて岐阜県・サラマンカホールのオルガン(辻 宏)(月岡正暁)宮崎県立芸術劇場のオルガン(須藤宏(31)(武久減造)千歳船橋教会のオルガン(岩崎真実子(41)(月岡正暁)
会員通信地域に広がるオルガンの響き -NHK国際放送「日本のオルガン特集」-(山下博央)
例会報告シャルル・トゥルヌミールの《神秘的オルガン》(要旨)(久野将健)残響とオルガン(要旨)(永田穂)
M.プヴァール特別講演会報告「17・8世紀フランス・オルガン音楽のオペラ、室内楽からの影響」(廣野嗣雄)
特別記事阪神大震災 -被災した神戸のオルガン(中里 威)
1994年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第23巻(1995)
扉写真日本基督教団 滝野川教会(東京都北区)のオルガン(草苅オルガン)
J.S.バッハのオルガン作品の真偽問題に関する一考察(星野宏美)
残響とオルガン(永田 穂)
書評・図書紹介赤井励著「オルガンの文化史」(月岡正暁)
オルガンをたずねて東京キリスト学園のオルガン(マルク・ガルニエ)(溝口秀實)所沢市民文化センター・アークホールのオルガン(クリストフ・クラタ=ゲッツ)(月岡正暁)
会員通信道具としてのオルガンの意味を再考する(酒井多賀志)サンクトペテルブルクを訪ねて(月岡正暁)
例会報告研究発表要旨「カール・リープと南ドイツのオルガン」(廣野嗣雄)白根桃源文化会館見学会報告(深井李々子)和久井輝夫講演要旨「ロドルフ社製作ハルモニウム修復にあたって」(相田南穂子)ミシェル・シャピュイ講演要旨「ルフェビュール=ヴェリー・オルガン教本」(深井李々子)ホール・オブ・ホールズ見学会報告(岩崎真実子)
研究発表要旨「パイプの発音の直線性について」(須藤 宏)
1995年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第24巻(1996)
扉写真日本基督教団 下関丸山教会(山口県下関市)のオルガン(山野政登司)
サミュエル・ウェスリーと19世紀初期の英国におけるバッハ・リヴァイヴァル(スコット・ショウ)
ヨーロッパの交流点,ルクセンブルク大公国のバロック期(17~18世紀)の歴史的オルガン(パスカル・ヴァン・コペノル)
ブクステフーデのレジストレーション(月岡正暁)
特別講演バッハ・オルガン音楽の伝承(小林義武)
書評・図書紹介ピーター・ウィリアムズ「西洋文化の中のオルガン」750-1250年(大澤里恵)リッチー&ストーファー「古今オルガンテクニック」(スコット・ショウ)
オルガンをたずねてセブンスデー・アドベンチスト立川教会のオルガン(及川律)(月岡正暁)下関丸山教会のオルガン(山野政登司)(月岡正暁)活水女子大学のオルガン(スコット・ショウ)浦上天主堂のオルガン(スコット・ショウ)
会員通信オルガンが歌を奏でた時代(リシャール・ニコル)
例会報告4月例会 研究発表と演奏「和声原理と旋律原理の対立」(武久源造)6月例会 静岡音楽館オルガン見学会(松村美知子)9月例会 研究発表と演奏「ブクステフーデのレジストレーション」(松村美知子)10月例会 「オルガンを知るシリーズ②」(岩崎真実子)11月例会 特別講演会「バッハ・オルガン音楽の伝承」と演奏(岩崎真実子)
1996年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第25巻(1997)
扉写真日本基督教団清瀬みぎわ教会(東京都清瀬市)のオルガン(草苅オルガン)
〔寄稿〕エッジ・トーンを視る(細井 豊)
島崎赤太郎に関する資料紹介(赤井 励)
ゴットフリート・ジルバーマンの製作のオルガンの諸特徴について(久保田真矢)
書評・図書紹介G.バトラー『バッハのクラヴィーア練習曲集第3部-印刷譜の作製-および付随研究《高き天より》に基づくカノン変奏曲 BWV769』(早川幸子)
オルガンをたずねて神田キリスト教会のライル・オルガン(アルベルト・ライル)カザルスホールのアーレント・オルガン(ユルゲン・アーレント)札幌コンサートホールのケルン・オルガン(ダニエル・ケルン)すみだトリフォニーホールのイェームリッヒ・オルガン(フランク=ハラルド・グレス)清瀬みぎわ教会の草苅オルガン(草苅徹夫)
会員通信カントーリン10年(大原佳代)「ここらでちょっとTempo Primo」-イタリア留学で感じたこと-(水野 均)
例会報告4月例会 関東学院のオルガン見学会(松村美知子)6月例会 島崎赤太郎に関する資料の紹介とリードオルガンの演奏(須藤宏)9月例会 東洋英和女学院オルガン見学会(松崎譲二)11月例会 カザルスホールオルガン見学会(永田 穂)11月例会(関西) ジュネーヴ詩篇歌とオルガン(大津寄多美子)
1997年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第26巻(1998)
扉写真日本基督教団高崎教会(群馬県高崎市)のオルガン(マナ・オルゲルバウ)
蘇る即興演奏(武久源造)
「移調の限られた旋法」をめぐるメシアンの音楽語法の実際(木下大輔)
シャルル・トゥルヌミールの《神秘的オルガン》(久野将健)
書評・図書紹介小林義武『バッハ復活』(早川幸子)L.アーチボルド, W.J.ピーターソン編:『革命からフランク, ヴィドールまでのフランス・オルガン音楽』(小川有紀)
オルガンをたずねて日本基督教団 高崎教会のマナ オルガン(松崎譲二)立教女学院聖マーガレット礼拝堂のテイラー・アンド・ブーディー・オルガン(ジョージ・テイラー,ジョン・ブーディー)横浜みなとみらいホールのフィスク・オルガン(スティーヴン・ディーク)新潟市民芸術文化会館のグレンツィング・オルガン(ゲルハルト・グレンツィング)盛岡市民文化ホールのガルニエ・オルガン(マルク・ガルニエ)
会員通信スイスロマンドにおける即興演奏への関心(河野正行)
例会報告5月例会 公開請座「20世紀フランス・オルガン音楽:M.デュプレとJ.ラングレー」 (スコット・ショウ)7月例会 オルガン見学会と講演「オルガンの外観・仕様からその特徴を探る」(廣野嗣雄)10月例会 実技を交えての講演「オルガンの録音について」(野辺地篤郎)1月例会 研究例会 ヨーロッパの古楽の流れ-初期オルガンごろまでの- (永田 穂)3月例会 オルガン見学会(永田 穂)
1998年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第27巻(1999)
扉写真日本基督教会 函館相生教会(北海道函館市)のオルガン(辻オルガン)
トレチェントのオルガン音楽(金澤正剛)
〔寄稿〕MINORITEN725(Vienna, Minoritenkonvent, Klosterbibliothek und Archiv, Ms.ⅩⅣ.725)の再検証-新たに発見されたフローベルガーのトッカータXIII, トッカータXV, カプリッチオIV およびカプリッチオIXの写譜(石井 明)
東京芸術大学奏楽堂の音響設計(永田 穂)
書評・図書紹介グラハム・スティード『マルセル・デュプレのオルガン曲』バーバラ・オーウェン『バロック・オルガン音楽のレジストレーション』(スコット・ショウ)
オルガンをたずねて日本基督教会 函館相生教会の辻オルガン(辻 宏)仙台白百合学園の須藤オルガン(須藤 宏)日本福音ルーテル市ヶ谷教会のオーベルタン・オルガン(ベルナール・オーベルタン)東京芸術大学奏楽堂のガルニエ・オルガン(マルク・ガルニエ)
会員通信演奏旅雑記(廣江理枝)
例会報告9月例会 パイプオルガンの魅力と楽しみ方(廣野嗣雄)10月例会 レガールについてのお話と演奏(廣野嗣雄)1月例会 研究例会『回想 木岡英三郎』(赤井 励)
1999年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第28巻(2000)
扉写真セブンスデーアドベンチスト立川キリスト教会(東京都立川市)の草苅オルガン
〔寄稿〕バッハ・《18コラール》をめぐる諸問題(小林義武)
鍵盤演奏における「言葉の原理」と「音の原理」-バッハ時代の鍵盤音楽に関する歴史的アーティキュレーション論再考(佐藤 望)
19世紀初頭から中葉のフランスにおけるペダル・テクニックの変遷(小川有紀)
書評・図書紹介ウィリー・アーペル『ポリフォニー音楽の記譜法』(早川幸子)
オルガンをたずねてセブンスデー・アドベンチスト教団立川キリスト教会の草苅オルガン(草苅徹夫)羽曳野市立生活文化情報センター(LICはびきの)のフェルスベルク・オルガン(リヒャルト・フライターク)
会員通信スウェーデン・ヨーテボリ大学の北ドイツ様式のオルガンと一日本人オルガン製作者の接点(横田宗隆)第21回 ISO大会 バルト三国2000に参加して(平井靖子)
例会報告4月例会 立教女学院テイラー&ブーディー・オルガン見学会7月例会 SDA立川教会オルガン見学会10月例会 講演会「若きバッハとオルガン音楽」(保田紀子)11月例会 オルガン演奏とお話「オルガン辞書編集にあたって」(廣野嗣雄)1月例会 オルガン演奏と「バルト三国」についてのお話(廣野嗣雄)
2000年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第29巻(2001)
扉写真 日本基督教団神戸教会(神戸市)のオルガン
論文
オルゴルについて -江戸時代のオルガン資料の整理-(赤井 励)
インタヴォリールンクの芸術:束縛と自由(松波久美子)
アラン家の特異なオルガン -アラン・オルガンの復元10周年を迎えて-(ジェイムズ・キビー)
書評・図書紹介月岡正暁『オルガン奏法』(今井奈緒子)デイヴィッド・シュ-レンバーグ『バッハの鍵盤音楽』(早川幸子)
オルガンをたずねて神戸教会の辻オルガン(辻 宏)日本キリスト教会神学校のガルニエ・オルガン(マルク・ガルニエ)
会員通信"バッハ・オルガンツアー2001"に参加して(八代紀子)
2001年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第30巻(2002)
扉写真 桑田三男(西宮市)氏所有のマナ・オルガン
論文
パウル・ヒンデミットとオルガン(浅井寛子)
メシアンのオルガン曲における「鳥の歌声」(ⅰ)-「実験期」の作品を中心に-(斎藤 恵)
書評・図書紹介ヨン・ラウクヴィク『歴史的演奏実践のためのオルガン教本』第2部・ロマン派(廣野嗣雄)
オルガンをたずねて桑田三男氏所有のマナ・オルガン(松崎譲二)石川県立音楽堂のシュッケ・オルガン(廣野嗣雄)軽井沢のオーベルタン・オルガン(深井李々子)ナザレ修女会のエツケス・オルガン(岩崎真実子)
会員通信真で本物のオルガン(高橋博子)オルガンと仲良くすること(長山結)
2002年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第31巻(2003)
扉写真カトリック藤が丘教会(横浜市)の山野オルガン
論文わが国の教会の音響特性と新築,改修にあたっての提言(永田穂)メシアンのオルガン曲における「鳥の歌声」(ⅰⅰ) -「統合期」の作品を中心に-(斎藤恵)〔寄稿〕宇宙天体のハーモニーの鏡像としての音楽-バッハの作品におけるその例証 -(ミヒャエル・ラドゥレスク)
書評・図書紹介J.スペールストラ編『イェテボリィ大学における北ドイツ・オルガン・プロジェクト』(長谷川美保)マルティン・ゲック『ヨハン・ゼバスティアン・バッハ』(大塚直哉)
オルガンをたずねてカトリック藤が丘教会の山野オルガン(山野政登司)秋田桜教会の須藤オルガン(須藤 宏)甲府中央教会のクロップ・オルガン(清水聖子)
会員通信スウェーデンでの贅沢な経験(今井奈緒子)オルガネウム オルガンツアー2003(南部滋雄)
2003年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第32巻(2004)
扉写真コモレビフォーラム(石巻市)の勝浦オルガン
寄稿フランツ・リストのオルガン作品における諸問題 (福田弥)
論文J.S.バッハのオルガン通奏低音-歴史的資料を中心に-(椎名雄一郎)
公開マスタークラス記録アンドレア・マルコーン オルガン公開マスタークラス
オルガンをたずねてコモレビフォーラムの勝浦オルガン(勝浦通之)豊田市コンサートホールのブランボー・オルガン(神戸洋幸)東京カテドラル聖マリア大聖堂のマショーニ・オルガン(ロレンツォ・ギエルミ)カトリック初台教会の新しいオルガン(ドニ・ジュジェ/ステファン・サンクレール)
会員通信日本のオルガン史の資料紹介(赤井励)J.-L.フローレンツの想い出(永見亜矢子)
第6回日本オルガン会議報告書講演・シンポジウムほか
2004年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第33巻(2005)
扉写真白川町町民会館グロリアホール(岐阜県加茂郡)の辻オルガン
論文1500年代ヴェネツィア・サン・マルコ大聖堂のオルガン-歴史資料に見られるオルガン-(水野均)                       ラーデガスト没後100年-ドイツ・ロマンティックオルガンへの一考察-(池田泉)メシアンのオルガン曲における「鳥の歌声」(iii) -「宗教的題材の時期」の作品を中心に-(斎藤恵)
書評ピーター・ディルクセン『ヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンクの鍵盤音楽』 ―そのスタイル,意義と影響―(椎名雄一郎)クラウス=ペーター・コッホ『ザムエル・シャイト作品総目録(SSWV)』(米沢陽子)
辻 宏氏 追悼辻 宏氏を偲んで(金澤正剛)辻 宏さんを偲んで(廣野嗣雄)辻 宏氏略歴・作品目録
オルガンをたずねて白川町町民会館グロリアホールの辻オルガン(辻 宏)ミューザ川崎シンフォニーホールのクーン・オルガン(ディーター・ルーフェナハト)日本聖公会聖オルバン教会のジェイケル・オルガン(スティーヴン・モーガン)仁川学院のマンダーオルガン(ジョン・パイク・マンダー)
会員通信邦人作品演奏15年(保田紀子理想の音色へのアプローチ(長山結
2005年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第34巻(2006)
扉写真 韓国国立総合音楽学校(KNUA) の横田オルガン
論文ザムエル・シャイトの典礼用オルガン作品 ―マイフィカトに関する一考察―(米沢陽子)                               ヴィンチェンツォ・コロンビと1500年代のヴェネツィア共和国 水野均
オルガンをたずねて韓国国立総合音楽学校(KNUA)のオルガン(横田宗隆)カーサ・ダンジェラのオルガン(フランチェスコ・ザニン)神戸国際大学のフィスク・オルガン(スティーヴン・ディーク)アーバンドックららぽーと豊洲のビショップ・オルガン(フォッケ=リンケ・フェーンストラ)
会員通信求め、探し、叩く(大島邦夫)プリンス・エドワード島(カナダ)のルイ・ミッチェル・オルガン(岩崎真実子)
2006年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第35巻(2007)
扉写真 西南学院大学博物館の新<辻オルガン>
論文第1回ロンドン万国博覧会のシュルツェ・オルガン ―旧東京音楽学校奏楽堂パイプオルガンのルーツであるのか―(鈴木千帆)                               オリヴィエ・メシアンの≪聖なる三位一体の神秘への瞑想≫(1969)と≪渓谷から星たちへ…≫(1971~74)に関する一考察(斎藤恵)響き感覚とオルガン(永田穂)
書評・図書紹介ケララ・J.スナイダー『ディーテリッヒ・ブクステフーデ ― リューベックのオルガニスト』(廣野嗣雄)       
オルガンをたずねて西南学院大学博物館の新<辻オルガン82号>(古澤嘉生)御聖体の宣教クララ修道院のオルガン(草苅徹夫)祇園カトリック教会のマナ・オルガン(松崎譲二)福岡女学院ギール記念講堂のオルガン(マルク・ガルニエ)
会員通信研究に期待する ― 一オルガン製作者からの提言(須藤宏)リヨンから(城島佑生子)
2007年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第36巻(2008)
扉写真筑波学園教会のオルガン
論文パリの1855年、注目すべき40台のオルガン総覧-G.シュミットの≪新しく完全なオルガン指導書(1855年)≫をめぐって-(小川有紀)螺旋のエネルギー ―バッハの音律は21世紀に蘇るのか?―(桒形亜樹子)
書評・図書紹介 『ヴァイマル・オルガンタブラチュア―ヨハン・セバスティアン・バッハの最初期手稿譜、及び、弟子ヨハン・マルティン・シューバルトの写筆譜』(編集:ミヒャエル・マウル、ペーター・ヴォルニー) (徳岡めぐみ)橋本英二『バロックから初期古典派までの音楽の奏法』 ―当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために―(早川幸子)「ジャン=ルイ・フローレンツ週間(1999)」小冊子よりミシェル・ブルシエ『ジャン=ルイ・フローレンツ、その美学を作っているもの』(いとうけい(訳))
オルガンをたずねて筑波学園教会のオルガン(三橋利行)新城歌子氏のポジティフオルガン(神戸洋幸)嶋邸アトリエのオルガン(草苅徹夫)桜美林大学(町田市)の新しいオルガン(リヒャルト・フライターク)
会員通信風琴と共に(伊藤園子)
2008年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第37巻(2009)
扉写真CHURBURG 城のルネサンスオルガンを模した Baldachin オルガン
論文メンデルスゾーンのオルガン音楽の演奏解釈について(ルトカー・ローマン)ジローラモ・フレスコバルディの 'la maniera di sonare'―≪トッカータ集第1巻≫(1615)の序文「読者へ」をめぐって―(大岩みどり)ルネサンス絵画におけるポルタティーフ・オルガンの意味―フラ・アンジェリコ≪栄光のキリスト≫とラファエロ≪聖カエキリア≫を例に―(草苅義子)
報告宮崎ルーテル教会建設の経緯(永田穂)
書評・図書紹介パスカル・ボケ、ジェラール・ルブール著 『ルネッサンス、バロック音楽のスタンダード50曲』 (いとうけい)
オルガンをたずねてCHURBURG 城のルネサンスオルガンを模した Baldachin オルガン(中西光彦)明治学院白金チャペルのオルガン(長谷川美保)下谷教会のオルガン(マルク・ガルニエ)
会員通信イタリアでの音楽体験記(吉田愛)
2009年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第38巻(2010)
扉写真福井宝永教会のオルガン
論文木岡英三郎-日本におけるオルガン開拓者 その伝記と揺るぎない遺産-(森田真理子)ポーランドの初期オルガン史(クシシュトク・ウルバニアク)18世紀フランス通奏低音奏法(椎名雄一郎)
書評・図書紹介『ボエルマン オルガン曲全集』 ヘルガ・シャウエルテ=モブエ編 (早川幸子)
オルガンをたずねて福井宝永教会のオルガン(藤吉正吾)日本基督教団蒔田教会のオルガン(ジョン・H・ブーディ)三崎町教会のケルン・オルガン(ダニエル・ケルン)鹿児島加治屋町教会のオルガン(ノルベール・ジュリエ)
会員通信島崎赤太郎の実像を探る(赤井 励)ハンブルク カタリーナ教会のオルガン再建について(一之瀬麻友美)
第7回日本オルガン会議報告書講演・パネルディスカッションほか
2010年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第39巻(2011)
扉写真ラ・スースいずみ「チャペル サンタ マルタ」のポジティフオルガン
論文シャイト『タブラトゥラ・ノヴァ』にみられる中部ドイツおよび16世紀ポリフォニーの伝統(米沢陽子)楽譜と演奏をめぐる一考察:なぜフレスコバルディは≪トッカータ集≫には高額なな銅板印刷を、他の作品には4声部の総譜を用いたのか?(大岩みどり)
オルガンをたずねてラ・スースいずみ「チャペル サンタ マルタ」のポジティフオルガン(田尻隆二)フェリス女学院カイパー記念講堂のオルガン(ボリス・ガルニエ)
会員通信紙パイプのポルタティフを製作してみて(内間寅男)リスボンとマフラのオルガン(長戸富美)ウイーン市内の最古と最新のオルガン(清瀬雅子)
東日本大震災によるオルガン被害調査報告(今井奈緒子)
2011年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第40巻(2012)
扉写真土橋薫邸のアトリエオルガン
巻頭言オルガン研究40号刊行のことば(深井李々子)
報告日本聖公会聖パウロ教会の辻オルガン修復と改替報告(横田宗隆)
論文典礼音楽としての《音楽の花束》(大岩みどり)J. J. フローベルガーの音律を考える〜中全音律使用への具体的案〜(桒形亜樹子)ヒューバート・パリーのオルガンコラール:20世紀初期英国における「バッハ的」音楽語法の影響とその受容(早坂牧子)
書評ヨハン・セバスティアン・バッハ『オルガン作品全集』(椎名雄一郎)
オルガンをたずねて土橋薫邸のアトリエオルガン(草苅徹夫)平井邸のハウスオルガン(三橋利行)
会員通信オストフリースランドでの経験(中川紫音)
「オルガン研究」総目次(第1〜40号)
2012年度活動記録、会則ほか
▲ ページトップへ
第41巻(2013)
扉写真阿佐ヶ谷東教会のオルガン
寄稿論文ダニエル・マグヌス・グローナウと彼のレジストレーション規則(クシシュトフ・ウルバニヤク)
論文1600年頃の「オルガニスト養成講座」(1)―G. ディルータ≪トランシルヴァニア人との対話≫(1593)を中心に―(大岩みどり)
報告ハンブルグ市、聖カタリーネン教会のフレントロップ・オルガン(長山 結)
書評ジャン=クロード・ツェーンダー 『ヨハン・ゼバスティアン・バッハの初期作品』 様式―年代研究―作曲技法(廣野嗣雄)ジョルジオ・サングイネッティ『パルティメントの芸術―歴史、理論、実践』(浅井寛子)
オルガンをたずねて阿佐ヶ谷東教会のオルガン(木村秀樹)キングスウェル・ホールのオルガン(フランチェスト・ザニン)
会員通信ドイツ回想録(大木麻理)ヴュルツブルク便り(大平健介)
2013年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ
第42巻(2014)
扉写真北星学園大学チャペルのオルガン
論文ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンクのオルガンをめぐって(長谷川美保)1600年頃の「オルガニスト養成講座」(2)―G. ディルータ『トランシルヴァニア人との対話第2部』(1609)にみるファンタジア(即興演奏)の方法論―(大岩みどり)
研究報告C. Ph. E. バッハのオルガン・ソナタ―その楽譜に関する研究報告―(水野 均)
報告立教学院オルガン3台の更新・整備を終えて(スコット・ショウ)
書評エンリコ・バイアーノ『チェンバロ教本』(Ut Orpheus 2013)(板 由理)
オルガンをたずねて北星学園大学チャペルのオルガン(中里 威)カトリック元寺小路教会のオルガン(ハインツ・イェーガー&ヴォルフガング・ブロンマー)聖光学院小聖堂のオルガン(須藤 宏)仙台長町教会のオルガン(関本恵美子)小松川教会のオルガン(今井奈緒子)
会員通信自宅用ポジティフオルガンの製作(善沢正博)
2014年度活動記録,会則ほか
▲ ページトップへ


top_contents.gif

Real_col_HomeB.pngトップページ

JOSトップ日本オルガン研究会トップページ

こちらへ>>

Real_col_Memo.png日本オルガン研究会ご案内

会の概要、活動内容、事務局の紹介

こちらへ>>

Real_col_Memo.png入会ご案内

日本オルガン研究会はどなたでもご入会になれます。入会をご希望の方は、こちらからどうぞ。

こちらへ>>

Real_col_Memo.png次回例会のご案内

2015年10月17日(土)、明治学院大学白金キャンパスチャペルにて開催いたします。詳細は決まり次第お知らせいたします。

こちらへ>>

Real_col_Memo.png年報「オルガン研究」目次総覧

毎年発行される機関誌「オルガン研究」の創刊号からの目次総覧。
◆最新号は第42号です。

こちらへ>>

Real_col_Information.pngオルガン演奏会情報

日本国内で開催されるオルガン演奏会のご案内。

こちらへ>>

Real_col_Information.pngCD・DVDで聴く日本のオルガン

情報は、会員の武田高太郎氏より提供されています。

こちらへ>>

Real_col_Information.png講習会・セミナー情報

国内外で開催される講習会・セミナーのご案内。こちらへ>>